c07-public-sector-v2

官公庁・公共機関におけるアナリティクスを実現

単なる生データを効果的なアナリティクスに必要なグレートデータ (高品質なビッグデータ) に変え、官公庁・公共機関の業務を強力にサポート

セルフサービス型のデータ視覚化ツールやデータウェアハウス アプライアンス、Hadoop など、最高レベルのアナリティクス ツールを利用できるようになった今日、官公庁・公共機関は、かつてないほどデータ主導型になりつつあります。質の高いインサイトは、そのまま質の高い意思決定につながります。

しかし、本当の意味で質の高いインサイトを手にするためには、1 つの視覚化ツールのみでは不十分です。正確なインサイトを得られるかどうかは、データの状態に左右されます。現在アナリティクス環境に取り込んでいるデータがグレートデータ (高品質なビッグデータ) であると、自信を持っていえるでしょうか。そのデータは正確で、完全でしょうか。またタイムリーで、信頼できるでしょうか。

いずれかに疑問を感じたとしたら、信頼できるインサイトを得られていない可能性があります。不完全な情報に基づいて重大な意思決定を下しているかもしれません。

どのようなリスクがあるのか

  • 住民、有権者、行政職員へのサービスが行き届かず、使命を完全に達成できない
  • 非効率的なプロセスによって、貴重な時間とコストを浪費
  • 予測の精度が低いため、将来に向けて適切な準備を整えることができない

現在、データの状況を適切に管理できていますか。単なる生データを有益なデータへ変えるには何が必要なのでしょうか。あらゆるタイプのデータへのアクセス、取り込み、解析、準備、検出、プロファイリング、変換、クレンジング、抽出、提供を行うためのプロセスはどのようになっていますか。一般的に、データ サイエンティストの作業時間の 80% は、分析自体ではなく、分析のためのデータの準備に費やされています。

これは貴重な時間と資源の無駄遣いです。

それよりも、実際の業務に役立つ疑問とその回答により多くの時間を向けなければなりません。そのために欠かせないもの、それは包括的なエンタープライズデータ管理プラットフォーム、すなわちグレートデータ (高品質なビッグデータ) を作成し、必要とする全ての人に提供できるプラットフォームです。

Informatica Intelligent Data Platform が、このニーズを満たす最適なツールを提供します。

インフォマティカのソリューションによって、ターゲットのタイプ (視覚化ツール、データウェアハウス、ビッグデータシステムなど) を問わず、ほぼあらゆるソース (レガシーシステム、トランザクションシステム、ソーシャルメディア、モノのインターネットなど)、あらゆる場所 (オンプレミスやクラウド) の生データを、最適な場所へ最適なタイミングで、セキュアに提供できるグレートデータ (高品質なビッグデータ) へと変換することが可能になります。

関連製品とソリューション

アナリティクス

アナリティクスイニシアチブ用データを迅速に提供するデータ管理プラットフォームで業務上の価値を高めます。

インテリジェントなビッグデータ

繰り返し実行可能で信頼性が高く、持続可能なプロセスで、ビッグデータを統合、保護、統制し、組織に付加価値を提供

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。