c07-public-sector-v2

クラウド導入への道 ―― 官公庁・公共機関

クラウドの俊敏性を活用し、急速な変化に対応

IT 予算を最大限有効に活用しつつ、求められる業務を効率的に遂行できている官公庁・公共機関は多くはないのではないでしょうか。クラウドとオンプレミス ソリューションを活用すれば年間数十億ドルを削減できると考えている官公庁・公共機関の IT 担当者の数は少なくありませんが、希望と現実は大きく異なっています。官公庁・公共機関の場合、単にシステムを「オフライン」にしてアプリケーションとインフラをクラウドで再構築するといったことはできません。公共サービスを中断させることなく、クラウドへの移行を少しずつ進めていく必要があります。

クラウドの導入では、新しい機器や新しい場所、新しい通信環境、新しいアプリケーション、新しいアクセスモデルの利用など、対処すべき難しい課題が多数ありますが、中でも最も難しい課題の1つが、データの問題です。こうした環境の変化の全体にわたり、アプリケーション間やデータセンター間、またオンプレミスからクラウド、さらに運用環境からアーカイブへ、データを迅速に移動できる環境を整える必要があります。これに失敗すると、非常に大きなリスクに直面することになります。このように重要なデータの移動と整合性の確保に、使い捨てのカスタム開発コードを使うわけにはいきません。

時代遅れの IT システムの扱いに苦労している上に、データ量が増加の一途をたどっている状況では、クラウド導入への道は極めて険しく見えるでしょう。それでも、年間数十億ドルを削減できるという明るい未来を考えれば、やり遂げるだけの価値はあります。

クラウドの導入をスタートからゴールまで支援するため、インフォマティカは移行、統合、合理化のプロジェクト全体と移行後のデータニーズをサポートする、豊富な実績に裏打ちされたデータ統合プラットフォームを提供します。このプラットフォームがあれば、データを必要な場所で必要なときに、必要な形式で手にして活用することが可能になります。

関連製品とソリューション

クラウド ソリューション

Salesforce、Microsoft、Amazon Web Services、Google Cloud Platformなどのソリューションでクラウドの実装を最適化

インテリジェントなクラウドサービス

iPaaSのイメージを刷新し、エンドツーエンドの重要なクラウドデータ管理とマイクロサービスアーキテクチャまでを網羅

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。