c07-public-sector-v2

官公庁・公共機関向けマスターデータインデックス

住民、プログラム、部門、プロバイダー、職員のデータについて信頼できる統一されたビューを確立し、サービス提供と意思決定力を向上

重要な意思決定のため必要な全ての情報がそろっていると、確信を持って言うことができる行政機関は少ないのではないでしょうか。たとえそうだとしても、それらのデータが正確であると断言できるでしょうか。デジタル時代に突入して以来、官公庁・公共機関は特定のタスクやプログラム専用の複数のシステムにデータを収集し、保存してきました。このようなシステム間でのデータ共有機能を活用することで、業務の効率を高めることができます。複数のソースからデータを統合することによって、住民やプログラム、サービス、部門、組織、プロバイダー、職員をこれまで以上に明確に理解することが可能になります。

しかし、このような統合を成功させるためには、データが信頼に足るものでなければなりませ。データを信頼できなければ、次のようにさまざまな問題が生じます。

  • 不十分なサービスやプログラムによる、住民サービスの不足と不満
  • 不正、無駄、濫用などによる、コスト効率の低下
  • セキュリティ上の過失による、データ侵害と信頼の喪失
  • コンプライアンスや履行義務への対応不足による、メディアからの攻撃や予算の圧縮

重要な運用データのマスターを作成し、データの信頼できる単一ビューを確立することによって、このような課題に対応することが可能になります。データのマスター作成は正確性や完全性を保証するだけでなく、人、プログラム、提供物など、マスターを作成したエンティティ間の関係を明らかにします。

インフォマティカのソリューションは、複数のソースから情報を取得し、完全かつ正確で、信頼できるマスターレコードを作成します。まずデータを特定し、明らかになった関係を可視化します。個々のデータの形式が異なっていても問題ありません。次に、整合性に欠け、重複し、矛盾しているデータを唯一真実のバージョンへと調整します。このデータは、官公庁・公共機関やプログラムに結び付いた、全ての重要なエンティティにとっての「ゴールドレコード」となります。

あらゆるデータについて信頼できる単一ビューを確立することで、サービスへの需要の高まり、セキュリティの脅威、効率性と透明性の向上に対するプレッシャーに対応することが可能になります。

関連製品とソリューション

顧客中心主義

すべてのチャネルとタッチポイントに単一の顧客ビューを提供し、競争力の高いカスタマーエクスペリエンスを実現。

マスターデータ管理

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。