c07-industries-utilities

不正行為の防止

信頼できるアナリティクスで問題をいち早く発見し、電力に関する不正を検知、回避

電気に関わる不正行為は、電力会社の収益に多大な影響を及ぼします。業界の調査によると、電力会社における非技術的な要因(盗電や不正行為など)による収益の損失は、最大で年間5%に上ります。

不正を根絶するためには、まず不正を見つけなければなりません。その答えが、アナリティクスソリューションです。しかし、信頼できる詳細な分析を実行するには信頼性と関連性に優れた顧客データ、メーターデータ、変圧器データに基づいて、パルスの正規化分析、履歴分析、比較分析を行う必要があります。

インフォマティカのIntelligent Data Platformを基盤にPacific Data Integrators社が構築したGrid Health 360ソリューションにより、電力会社は信頼できるメーターデータ、変圧器データ、正規化パルス供給を比較して不正行為を検知し、必要な回避戦略を作成して、お客様への影響を抑制できます。

Grid Health 360により、次のことが可能になります。

  • インフォマティカのマスターデータ管理(MDM)で検証した正確な資産情報を取得する
  • 変圧器の使用状況とメーターの使用状況の合計値を比較して不正を発見する
  • 実験結果をリアルタイムで更新して、不要な重複を回避する
  • 問題のあるメーターの測定値を設置業者のデータと比較する

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。