c07-industries-utilities

電力負荷需要計画

信頼できる正確なデータに基づいて、分散型エネルギー資源(DER:Distributed Energy Resource)インフラストラクチャの検出と評価、計画の作成、詳細な分析を実現

登録されていない発電/蓄電インフラストラクチャが増加することで(太陽光パネルや太陽電池など)、正確な負荷需要計画を策定することは困難になります。自社のサービス地域内に分散しているエネルギー資源を把握していなければ、電力負荷を正確に予測することはできません。結果として、お客様へのサービス提供や自社の収益に悪影響が生じます。

インフォマティカのIntelligent Data Platformを基盤にPacific Data Integrators社が構築したGrid Health 360ソリューションにより、これらの問題を解決して、未登録の太陽光や風力、電池資源を特定して適切な計画を作成することが可能になります。

Grid Health 360により、メーターと変圧器のデータについて信頼できるプロファイルを作成し、天候データや社会データを統合することで、DERハードウェアの異常を特定できます。次のことが可能になります。

  • DERハードウェアを検出する
  • DER浸透パターンを予測する
  • 詳細分析を活用する
  • 電力負荷需要予測の精度を高める

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。