c07-industries-utilities

スマートメーターの運用

スマートメーターへの投資から最大限の価値を引き出すと共に、メーターに関する問題の迅速かつ正確な特定、データ不一致の解消、予測精度の向上を実現

スマートメーターは電力会社と顧客の両方に効率性とパフォーマンスの向上をもたらしますが、スマートメーターから最大限の価値を引き出すためには、適切に運用することが必要です。

メーターの故障に悩まされている電力会社は珍しくありません。電力会社は毎年、数千ものメーターをテストおよび交換して、正常に動作していることを確認しなければなりません。劣悪なネットワークパフォーマンスを原因とする通信障害やメーターの故障により、パルスデータの大幅な不一致が発生し、間隔データに基づく正確な売上予測や負荷予測が困難になります。

インフォマティカのIntelligent Data Platformを基盤にPacific Data Integrators社が構築したGrid Health 360ソリューションにより、電力会社は、較正、修理、交換のスケジュールを設定できます。その結果、スケジュールや請求の不一致を解消して、サービスセンターの作業を簡素化できます。さらに、機器の品質や設置業者のパフォーマンス、網形回線網の問題点も特定できます。

Grid Health 360により、次のことが可能になります。

  • メーカー、地理的な位置、障害に関するデータを、欠測または異常パルスデータと相互に関連付ける
  • 問題のあるメーター(およびその他のメーター品質)をメーカー別または設置業者別に特定する
  • 信頼できるスコアに基づいてメーターIDと変圧器IDの関係の差異を明らかにして両ソース間の不一致を解消し、信頼できるリネージを確立する

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。