c07-industries-utilities

植生管理

リスクの特定と適切な植生計画を可能にするデータを獲得して、サービスの向上、危険の特定、植生環境の正確な把握を実現

送電線や配電線の周辺では、放電による火災などを予防してサービスを継続的に提供するための植生管理が非常に重要です。

現場の保守担当者が例えば4年ごとに定期点検を行うだけでは、危険な状態を数か月(または数年)にわたって放置してしまう恐れがあり、結果としてサービスの中断や物理的な損害、売上の損失、罰金などの危険性が高まります。

そこで役立つのが、ドローンや飛行機などを用いて取得する光検知測距(LiDAR:Light Detection And Ranging)データです。ただし、LiDARデータは地理情報システム(GIS:Geographic Information System)データと重ね合わせて資産情報と相互に関連付ける必要があり、そのためには大量の手作業が必要とされてきました。

Pacific Data Integrators社は、インフォマティカのIntelligent Data PlatformにLiDARデータとGISデータを統合することで、Grid Health 360ソリューションを構築しました。この統合により、GIS情報、LiDAR情報、天候情報、資産情報を重ね合わせて、防災計画や予算に関する正確かつ最新のビューを実現することが可能になります。Grid Health 360により、保守担当者を必要な場所へ必要な時にだけ派遣すれば済むため、無駄を省いて、数百万ドルものコストを削減できます。

Grid Health 360ソリューションにより、次のことが可能になります。

  • LiDARデータに基づいて植生と送電線の距離を測定することで、停電や樹木接触によるアーク放電、火災などを防止する
  • 植生環境の状態を自動で判断して、危険な場所にある樹木を特定し、優先領域や危険を示すリスクスコアを明確化する
  • 電柱の傾きを測定し、倒れて停電につながる危険性のある電柱を特定する
  • 重要な医療/社会基盤(学校、病院、養護施設など)への影響を示す包括的なリスクスコアおよび商業的影響(停電による1時間あたりの売上損失、送電網内での経路変更の可能性など)に関する推定値に基づいて、植生管理の優先順位を設定する

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。