powerCenter Hero

Press Release

Informatica Platform の最新の製品群Informatica 9.5を発表

Maximize Return on Big Data(Big Data の価値を最大化)し、 企業の競争力強化、生産性向上を支援

インフォマティカ・ジャパン株式会社, 2012年10月31日 - 

データ インテグレーション ソリューションにおける独立系リーディングプロバイダー、インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田浩生、以下 インフォマティカ)は、Return on Data (データから最大限の価値を引き出す)というコンセプトを元に作られたInformatica Platform の最新の製品群、「Informatica 9.5」を発表しました。Informatica 9.5 は、Big Dataの価値を最大化すると同時にデータに関するコスト削減することで、企業の競争力を強化し、生産性の向上を支援します。Informatica 9.5は、「PowerCenter」、「PowerExchange」、「Data Replication」、「Data Quality」、「Data Services」、「Data Explorer」、「B2B Data Exchange」「Informatica MDM」、「Application ILM」といった製品で構成されています。

多くの企業は、競合他社との差別化や競争優位性を得るために、データの有効活用が重要であることを認識する一方で、データを価値ある資産として充分に活用できていないという現状を抱えています。 今やデータはクラウド、ソーシャル、モバイルデバイスなどのさまざまなシステムに分散されており、これらの情報を利用することへのビジネスニーズは非常に高まっています。このBig Dataを効果的に活用することができれば、卓越したビジネス価値を手にすることが可能になります。

Informatica 9.5の特長>

Informatica 9.5 は、Big Dataの基盤となっている3つのテクノロジーを活用し、競争力の強化、ビジネスの俊敏性向上、新たな収益および利益獲得の機会創出を支援します。

  • ビッグトランザクションデータ
    Informatica Universal Data Replication、Informatica Ultra Messaging、PowerExchange などの製品が提供する各種連携手法により、企業に蓄えられたトランザクションデータをHadoopなどのビッグデータを処理する環境に低コストかつ迅速に連携します。
  • ビッグインタラクションデータ
    インタラクションデータで代表的なソーシャルデータに対して、 顧客のソーシャルプロファイルと既存の顧客マスターデータを統合するソーシャルMDM(マスターデータ管理)を実現し、顧客維持率と顧客内シェアを高めることができるようになります。
  • ビッグデータ処理
    Hadoop用の統合開発環境によって、Hadoopに慣れていない開発者でも簡単に活用することができます。また複雑なデータ形式変換の開発を促進するHadoop環境のネイティブ変換により、Hadoop環境上での開発期間を短縮し、迅速にビジネス価値を手にすることが可能となります。

 

Informatica 9.5 の主要新機能>

Enterprise Discovery (Data Explorer)
企業内にある任意のデータ群に対して自動的なプロファイリング、分析を行うことで、データの詳細や傾向を把握し、データ同士の関連性などを明らかにする高度なデータ分析機能を提供します。
メリット:

  • データの問題点を浮き彫りにし、関係者に対してデータの不備についての認識度を高める
  • 機密データを検出し、リスクを軽減
  • データ検出作業の幅を広げ、データのプロファイリングプロセスを簡素化することにより、分析に要する時間を大幅に短縮
  • データの問題点をより正確に検出
  • データ品質と MDMプロジェクトの実装工数の短縮

Data Stewardship (Data Quality)
データに関する問題の早期解決を実現するため、管理者に対しては簡単かつ迅速な解決を促すデータ管理者向けのダッシュボード、ユーザに対してはデータ品質の問題の解決を合理化する包括的な作業ワークフローを提供します。
メリット:

  • 社内関係者に品質管理作業を効率的に割り当て、データガバナンスを実現
  • データの所有者と責任を明確化
  • ビジネスと IT の連携を促進し、ガバナンスプロセスを支援
  • データに関する問題を解消するために必要なステップを自動化し、人手の介入を削減

Universal Data Replication (Data Replication)
データベースなどの更新情報として記録されたログをキャプチャし、並行ロードにおいて高パフォーマンスのレプリケーションを可能にしました。多機能の管理コンソール、オンラインレポーティング機能を備えています。
メリット:

  • データのトランザクション上の整合性を損なうことなく、異機種間のプラットフォームにおいてデータ同期
  • レプリケーション処理における信頼性の向上

Natural Language Processing (Data Explorer)
Twitter、Facebookなど、ソーシャルメディアのような自然言語と呼ばれるデータに対して、データ要素 (場所、製品、名前など) を推定し、非構造化テキストから確率的解析によって検出、抽出することを可能にします。
メリット:

  • データソースの意味を明確化
  • 新たな知見を得ることでビッグデータ価値を最大化

 

日本におけるInformatica 9.5 の出荷は、今年度末を予定しています。

Informatica 9.5に関する詳細は、こちらにてご覧いただけます。http://www.informatica.com/jp/vision/release/


本リリースに関する問い合わせ先
インフォマティカ・ジャパン株式会社
担当: マーケティング部 村松  徳倫江
TEL: 03-5229-7214 FAX: 03-5229-7263
E-mail: nmuramatsu@informatica.com

インフォマティカ社について

Informatica Corporation (NASDAQ: INFA)はデータインテグレーションソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。インフォマティカのソリューションによって、世界中の企業がデータへの投資から最大限の効果を手にし、最も重要なビジネスニーズを満たしています。現在、世界5,000社を超える企業が企業内ならびにクラウドやソーシャルネットワーク等の企業外に保有する既存の情報資産から最大限の価値を引き出し、活用することに成功しています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Webサイト http://www.informatica.com/jp/ をご覧ください。

###

※商標等について: Informatica、PowerCenter、PowerExchange 、Informatica Platform、Informatica HParser は米国ならびに世界各国における Informatica Corporation の商標または登録商標です。その他のすべての会社名および製品名はそれぞれの企業に属します。