危害が及ぶ前にリスクを特定

Informatica Proactive Monitoringで潜在的な販売機会や脅威を特定し、適切な担当者に通知を送信することで、迅速な対応や解決が可能になります。 IT 組織部門やビジネスユーザーはリアルタイムのな業務インテリジェンスに基づいて決断せるできるようになります。Proactive Monitoringを使用することでれば、リアルタイムの情報と履歴情報を収集し、関心領域のパターンを特定して、個人、グループ、ダッシュボードまたはその他のシステムに通知を配信し、迅速に問題を解決できるようになります。Informatica RulePoint, Informatica Data Quality, および Informatica PowerCenter を基盤としたProactive Monitoringは、IT分野から顧客サービスまで幅広い領域に導入することが可能です。

  • 収益機会を特定し、売上を最大限に伸ばす
  • データ統合またはデータ品質に伴う問題の影響を最低限に抑える
  • ITコストを削減しながら、ITの効率性と生産性を向上

Proactive Monitoring for Data Quality

Proactive Monitoring for Data Quality (Data Quality向けプロアクティブモニタリング)を使用すると、 データ品質の問題が深刻化しないうちにする前に問題を検出することができます。プロアクティブモニタリングにより、 Informatica Data Quality の導入を補強し、導入期間を短縮します。IT 組織部門やビジネスユーザーは、アプリケーションやプロセス上に存在する低品質なデータや劣化われるしているようなデータのによる悪影響をコスト効果的に軽減回避することができます。

  • データ品質の問題がビジネスに与える影響を回避
  • Informatica Data Qualityの導入期間を短縮、補強
  • ビジネスユーザーがデータ品質を自分で監視できる機能を提供

Proactive Monitoring for PowerCenter Governance

Proactive Monitoring for PowerCenter Governance があれば、ベストプラクティスに沿った開発が可能になります。Informatica PowerCenter の開発およびテストプロセスに、プロアクティブなアラート機能を加えることで、ベストプラクティスから逸脱するプロセスを監視し、適切なユーザーに対処を促すアラートを通知し、迅速に行動できるようになります。その結果、開発メソドロジーの一貫性を維持し、高品質な開発プロジェクトを実現できるようになります。

  • 開発プロセスに一貫性のない組織の影響を回避
  • ITの俊敏性と応答性を強化
  • 開発の効率性、品質を高め、予定通りに進行

Proactive Monitoring for PowerCenter Operations

Proactive Monitoring for PowerCenter Operations があれば、データ統合プロジェクトを潜在的な問題から守るためn、自動的に早期に警告を発します。Informatica PowerCenter の開発を、プロアクティブなアラート機能によって、補完、加速します。本ソフトウェアは、データ統合プロセスが失敗あるいはその傾向に陥りそうになると、即座に検知し、IT部門にアラートを通知します。

  • データ統合プロセスの失敗リスクを回避
  • ITの生産性、俊敏性、応答性を強化
  • データ統合プロセスを合理化し、サービスレベル契約を順守