保証型メッセージングでパフォーマンス、復元力、復旧力を向上

Informatica Ultra Messaging Persistence Edition は、高性能な保証型メッセージングソフトウェアです。 高度な並列パーシステンス アーキテクチャをベースに構築されています。このアーキテクチャは、高い復元力と優れたパフォーマンスを備えた保証型メッセージングで設計されています。 本エディションは、他の Informatica Ultra Messaging 製品と同様に、復元力に優れた "中間に何も置かない" 設計に基づいていますが、保証型メッセージング機能のために、 1 つ以上の並列データストアを使用します。

  • ゼロレイテンシーフェイルオーバーを実現する保証型メッセージングで、競争力を強化する取引アプリケーションを開発することができます。
  • 保証型メッセージングシステムの復元力とパフォーマンスが大幅に向上します。
  • 保証型メッセージングにより IT インフラストラクチャコストが低減します。

Informatica Ultra Messaging Persistence Edition の主な機能

保証型メッセージングの高度な並列パーシステンス・アーキテクチャ

  • 中央にメッセージングブローカーを置くデメリットのない保証型メッセージングを提供します。
  • フェイルオーバーのために SAN や HA ハードウェアを必要としません。

柔軟性の高い保証型メッセージング

  • あらゆるネットワーク(1GigE、10GigE、インフィニバンド)上でオープン API(C、.NET、Java)を介して、高スループットな保証型メッセージングを実現します。
  • TCP/IP、レイテンシーバウンド TCP、信頼性の高いユニキャストとマルチキャスト、高速 UDP マルチキャスト(カーネルバイパス)、RDMA、IPC など、さまざまなプロトコルをサポートしています。

24 時間 365 日の信頼性を維持

  • 障害が発生したプロセスの復元をメッセージパスの外部から実行し、他のプロセスの動作が異常を起こしても、中断することなく、システムのあらゆる部分に確実にメッセージを配信します。
  • ホット/ホットフェイルオーバー設計によるゼロレイテンシーフェイルオーバー機能を備えた保証型メッセージングをサポートしています。

強力なコンフィギュレーションツール

  • 柔軟なトピックデザイン、公開/購読、要求/応答、対称型データフロー、ワイルドカードレシーバ、遅延参加をサポートしています。
  • 自動トピック解決、マルチレイヤーグループ アドレッシング、柔軟な配信順序の決定が可能です。

使いやすい保証型メッセージング調整ツール

  • 予期せぬデータフローのトラフィック制限を可能にするレート制御と、受信者が低速の場合に、送信アプリケーションが経路を決定できるインテリジェント配信をサポートしています。
  • SNMP 統合をすぐに利用できます。

幅広い接続性

  • さまざまなネットワークドメインに簡単かつセキュアに接続できるパワフルなゲートウェイを提供します。
  • Microsoft Windows、Linux、UNIX – Windows 32 ビット/64 ビット、Linux 64 ビット、UNIX 64 ビット(AIX、HPUX、Solaris)をサポートしています。

サービスとトレーニング

Informatica では、お客様の環境で Informatica プラットフォームの価値を最大化する豊富なサービスおよびトレーニングを提供しています。

サービスについて詳しくはこちら

Messaging "評判"

History Repeats Itself Through Business Intelligence (Part 2)
In a previous blog post, I wrote about when business “histor

Sub-100 Nanosecond Pub/Sub Messaging: What Does It Matter?
Our announcement last week was an exciting milestone for tho

Messaging ブロック

Informatica MTools
Informatica Ultra Messaging

UMCache Raw TCP/IP, UDP/IP Reception Modules
Informatica Ultra Messaging

Messaging: 全てのブロック