リソースタイプで検索

製品で検索

ソリューションで検索

業種で検索

トピックで検索

9 件のリソースが検索されました。

検索結果

Samsung SDS

Samsung SDSがハイテク企業向けMESシステムにInformatica MDMを統合
Informatica | 事例 | 518KB PDF | 2 ページ

Informatica Ultra Messagingが、日本をリードする PTS(私設取引システム)のシェア拡大と市場でのリーダーシップの確立を支援

SBIジャパンネクスト証券が、株式取引市場の主たるチャレンジャーになるための最高レベルの信頼性と ハイパフォーマンスを実現したメッセージングテクノロジーとして、インフォマティカを採用
Informatica | 事例 | 275KB PDF | 2 ページ

Internet Initiative Japan (IIJ)

システム間連携の最適化によるデータの一貫性・整合性の確保と開発効率の向上を実現
Informatica | 事例 | 323KB PDF | 2 ページ

滋賀銀行

デファクトスタンダードのInformatica PowerCenter®で統合DWHを実現
Informatica | 事例 | 332KB PDF | 2 ページ

クラウド化を見据えた「トランザクションHub」構築により運用・保守の生産性向上を実現

協和発酵工業株式会社とキリンファーマ株式会社との経営統合によって2008年10月に誕生した協和発酵キリン株式会社。同社は、自社で扱うトランザクションデータの構造を一義的に定義し、データのつながりを一元化するトランザクションHubの構築にあたり、データ統合プラットフォーム「Informatica PowerCenterⓇ」を採用しました。2010年1月に本格稼働を迎えたトランザクションHubによって、運用・保守プロセスにおける生産性向上とコスト削減を達成。将来利用が見込まれるクラウドコンピューティング環境からもデータを取り込み、全社データの統合基盤として機能させる計画です。
Informatica | 事例 | 318KB PDF | 2 ページ

Informatica PowerCenter®の採用で、SOA化を進める情報系システムのデータ疎結合基盤を整備

株式会社東京証券取引所(以下、東証)は、部門ごとに業務が必要とするシステムを部分最適で構築してきました。このため、市場環境の変化に追従するためのシステム改変には莫大なコストや時間がかかるという課題を抱えていたのです。そこで同社は、情報系システムの全体最適を狙ってSOAの概念をベースに、情報系システムの段階的な再整備に着手しました。その中で主にバッチ系のデータ連携基盤として採用したのが、Informatica PowerCenterです。
Informatica | 事例 | 297KB PDF | 2 ページ

シカゴ証券取引所、Informatica® Ultra Messagingの採用により主要株式市場での競争力を強化

Informatica PlatformのコンポーネントであるInformatica Ultra Messagingを導入し、パラレルパーシスタンスアーキテクチャーを通じて超低レイテンシーの永続型メッセージングをサポート。Informatica UltraMessaging によって中間のメッセージングブローカーが不要になり、従来の永続型メッセージングシステムを超える卓越したパフォーマンスと回復性を実現。
Informatica | 事例 | 335KB PDF | 4 ページ

Direct Edge

Informatica Ultra Messaging により Direct Edge では待機時間を 83% 削減して 340 マイクロ秒に短縮し、スループットが 580% 向上して、稼働時間 100% で記録できます。 これは Direct Edge のコストを 1,400 万ドル節減し、ハードウェアのフットプリントが 25% 小型化したことでさらに 100 万ドルの節減をもたらしました
Informatica | 事例 | 471KB PDF | 4 ページ

U.S.Xpress社はインフォマティカで600万ドルの利益を改善

U.S.Xpress社はインフォマティカで600万ドルの利益を改善
Informatica | 事例 | 2:28 Video