データプライバシーにより機密情報データを守り、規制へのコンプライアンスを強化する

データプライバシーを目的としたInformaticaのソリューションは、組織が素早く、簡単に、かつコスト効率的な方法で、個人情報と機密データを管理、保護し、データ漏えいのリスクを回避し、適時に運用環境と非運用環境の両方でコンプライアンスの条件を効率的に満たすことができる、検証済みの次世代テクノロジーを基盤としています。

革新的でオープンなアーキテクチャに基づくこれらの包括的なソリューションは柔軟性と拡張性が高く、動的か永続的かに関わらず、リアルタイムおよびバッチ処理に対応します。簡単かつ素早く、透明性のある導入、そして中央化された管理プラットフォームのデータプライバシーを目的とした Informatica のソリューションは、お客様が処理データと分析用データの維持およびアクセスを管理し、コンプライアンスのコストを削減し、データプライバシーを確実に守る上で活躍します。

データプライバシーを使い規制へのコンプライアンスのリスクを最小限に抑える

機密の個人情報、財務情報、健康に関する情報は、あらゆる業界と政府のデータプライバシー法によって管理されています。組織がデータプライバシーを維持しなければ、重大な財務的および法的な処分を受けるだけでなく、消費者と市場の信頼を大きく損なうことになります。こうしたリスクを回避するためには、事業ユーザー、生産補助部門、DBA、開発者、海外、そして外注部門が何百ものアプリケーションとデータベースを使える一方で、同時にこれらを保護することが不可欠となります。包括的で柔軟性のあるデータプライバシーのソリューションを持たない組織は、次のようなリスクを抱えることになります。

  • 不正ユーザーへの機密データの漏えいにより、セキュリティが妥協される
  • グラム・リーチ・ブライリー法 (GLBA)、HIPAA、PCI Data Security Standard、国連の Personal Data Protection Directive などの厳格な政府法規に違反する
  • 評判の失墜と多額の罰金などの、破壊的な違反の結果に直面する可能性
  • データプライバシー ポリシーの信頼喪失による顧客離れ

データプライバシーを確実に守り、データ違反から生じるリスクを回避する

データ プライバシーを目的とした Informatica のソリューションは、運用環境と非運用環境の機密データ保護において IT 組織が直面する特有の課題に対応します。次の利点を実現します。

  • アプリケーションのデータベースやアプリケーションのソース コードを変更せずに、機密のプロダクション データと個人識別情報 (PII) の監査、アクセス阻止、動的マスクを実行
  • 参照の整合性とコンテキストの正確性を維持しながら、機密性の分類に準じてデータプライバシーを保護
  • リアルタイムで ID と役割の検索を行うために LDAP、ActiveDirectory、identity access management (IAM) ソフトウェアと統合
  • 迅速な導入と実装により投資収益率を実現
  • 実際のプロダクション データを開示せずにプロセスとビューのアプリケーション画面を実行
  • 現実的なデータセットで作業を進めながら、同時に開発、テスト、トレーニング版で機密データを作成しデータプライバシーを保護

データプライバシーを目的とした Informatica の製品

Data Masking

Secures sensitive or confidential data in production and nonproduction systems.

詳しくはこちら
Announcing Informatica 9.5
Maximize Your Return on Big Data
Learn more
Informatica 9.5