アプリケーション環境をより低コストかつ効率的に維持

業界アナリストによると、現在のアプリケーション環境を維持し続けると、最大 90 %のIT 予算を消費する可能性があるそうです。 合併、買収、あるいはアプリケーションを購入によって、アプリケーションが重複する可能性があります。 大量のデータによりパフォーマンスが低下し、最終的にはサービスレベル契約(SLA)を満たせないリスクに直面するおそれもあります。 複数のインタフェースで、管理や統合が複雑になり、 運用環境や非運用環境のデータに、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。 こうした問題は、次の事態を招きます:

  • 増加するデータを管理、制御できない
  • 非効率な運用
  • コストの増加
  • 不適切な意思決定と機会損失
  • コンプライアンス違反のリスク

アプリケーションポートフォリオの合理化と強化

Informatica プラットフォームがあれば、重複または陳腐化したアプリケーションを廃棄し、インタフェースの数を最小限に抑えて単純化し、データ量を縮小して、機密データや個人データをアプリケーションライフサイクル全体にわたって保護することができます。 Informatica プラットフォームが、次の点を実現することで、情報システム部門は、より多くのリソースを技術革新にシフトさせることができます。

Informatica プラットフォームは、冗長なアプリケーションを廃棄し、レガシーアプリケーション関連のハードウェアとソフトウェアおよび保守費用を削減し、消費ストレージ容量を削減することで、アプリケーションの合理化戦略を実現し、同時にデータへの容易なアクセスを維持します。 また Informatica プラットフォームは、使用されていないデータを低コストのストレージにアーカイブして、ストレージ/保守費用を削減し、同時にCPU、メモリ、帯域幅の負担を軽減することによって、アプリケーションの速度と信頼性を改善します。 また、機能を損なわずに運用データのサブセットを作成することで、 :データのセキュリティを損なわずに、データ量を削減することができます。同時に、アプリケーションの開発、テスト、トレーニングの生産性、効率性、品質も高まります。 さらに、Informatica プラットフォームは、事実上あらゆる形式の構造化データおよび非構造化データ にアクセスし、検出、クレンジング、統合することで、社内アプリケーションとクラウドアプリケーションの両方を迅速に統合し、データ制御を維持しつつ、短期間で生産性を高めることができます。

Informatica のアプリケーションの持続可能性製品

PowerCenter

コストを削減し、生産性を大幅に改善し、リスクを軽減する、高性能な拡張性の高いエンタープライズデータの統合ソフトウェアです。

詳しくはこちら

PowerExchange

ミッションクリティカルなデータにアクセスし、あらゆるスケジュールで、必要な時に企業内へデータを配信します。

詳しくはこちら

Data Explorer

隠れたリスクを洗い出し、構造の問題を特定し、品質の問題がデータに拡散することを防ぎます。

詳しくはこちら

B2B Data Transformation

データ形式や複雑さ、サイズに関係なく、任意のファイル、ドキュメント、メッセージからデータを抽出して活用します。

詳しくはこちら

Data Archive

アプリケーションデータを安全にアーカイブすることで、データ増加を低コストで管理し、冗長アプリケーションやレガシーアプリケーションを廃棄します。

詳しくはこちら

Data Subset

データサブセットを作成して非運用データベースシステムの管理能力を高める。

詳しくはこちら

Data Masking

運用環境と非運用環境にある機密性の高い非運用データを保護します。

詳しくはこちら