データを価値のあるビジネス資産として活用するためには、適切なテクノロジーインフラストラクチャを導入する必要があります。また、 テクノロジーインフラストラクチャを適切に使用して、現在と今後のビジネスニーズを確実に満たせるように、適切なプロセスと方法論に従ってテクノロジをサポートする必要もあります。 Informatica は、データ統合における実証済みの方法論を他に先駆けて確立しています。そして Informatica プラットフォーム は、これらのクラス最高レベルの方法論に完全対応しています。

インテグレーション コンピテンシー センター(ICC) または専門知識の統合センター(COE)は、データ統合、システム統合、エンタープライズアプリケーションの統合を行う、シェアードサービスとして機能します。 ICC は、さまざまな業務の人が協力し、データ統合プロジェクトを完了させるために必要な専門サービスを、専門的なスキルを持つグループが中心となって提供します。

詳細はこちら

リーンインテグレーション は、ICC モデル上に工場のようなデータ統合アプローチを構築します。 製造現場で用いられるリーン管理システムをベースとしたリーンインテグレーションは、コスト、スピード、品質面のパフォーマンスを最適化するように設計されています。 リーンインテグレーションは、マス・カスタマイゼーションのテクニックを使用して、データ統合ソリューションを構築し、継続的に改善します。

詳細はこちら

リーンデータ管理は、運用環境と非運用環境において、データ量が大幅に増加するという問題を解決するための効率的で持続可能な長期戦略です。 リーンデータ管理では、リーン生産方式の主要原理を活用した、独自のプロセス、標準、リソース、テクノロジーを装備し、IT の生産性を最大化し、コストを削減し、世界中の組織が直面している Big Data の課題を解決します。

詳細はこちら