運用環境と非運用運用環境におけるデータ量の大幅な増加を解決

データの量は 1 年ごとに 65%ずつ増加していると推定されていますが、休眠データが占める割合は全体の 80%にのぼります。 その結果、必要な情報の検索、バックアップやアップグレードの実行、パフォーマンスやストレージの管理に多大な時間とコストがかかり、こういった作業が情報自体の価値を上回ってしまっています。 データの量が増加すれば、それだけセキュリティ違反が発生するリスクも上昇します。

Informatica のリーンデータ管理ソリューションは、運用環境と非運用運用環境におけるデータ量の大幅な増加を解決するための効率的で持続可能な長期戦略となります。 本ソリューションは、リーン生産方式の主要原理を活用した、独自のプロセス、標準、リソース、テクノロジーを装備し、IT の運用効率を最大化し、コストを削減し、世界中の組織が直面している Big Data の課題を解決します。 Informatica のアプリケーション情報ライフサイクル管理(ILM)ソリューションがサポートするInformatica のリーンデータ管理ソリューションは、次の 3 つの分野で、お客様の業務改善を支援します。

  • Informatica のリーンアプリケーションソリューションによるBig Application の管理
  • Informatica のリーンデータウェアハウスソリューションによるBig Data ウェアハウスの可視化と最適化
  • Informatica のリーンアプリケーションポートフォリオソリューションによるBig Application ポートフォリオの合理化

リーンアプリケーションにより、Big Application を管理し、パフォーマンスとコストを最適化

nformatica のリーンアプリケーションソリューションでは、運用および非運用運用トランザクション環境におけるデータの増加を管理し、アプリケーションをリーン化します。 ビジネスの敏捷性を向上することを目的に設計された Informatica のリーンアプリケーション ソリューションには、Informatica のデータベースアーカイブ技術とテストデータ管理技術が組み込まれており、次の点を実現します。

  • 運用アプリケーションから処理済みのトランザクションを削除、アーカイブするビジネスルールを自動化し、OLTP アプリケーション内のデータ量の増加を大幅に抑制します
  • 休眠データを低コストのデータベースインフラストラクチャに移動し、元のアプリケーションインタフェースからシームレスにアクセスできるようにします
  • 保管ポリシーの管理や期限切れのレコードの廃棄を効率的に自動化します
  • 開発、テスト、トレーニングに使用する運用データを、データとしての機能は損なわずに、完全に難読化し、大幅に縮小されたコピーとしてプロビジョニングすることによって、非運用運用 OLTP 環境を縮小し、セキュリティを保護します

リーンデータウェアハウスにより、Big Data ウェアハウスを可視化し、コストを削減

Informatica のデータウェアハウスソリューションでは、運用環境および非運用運用環境のデータウェアハウス全体のフットプリントを縮小し、データウェアハウスがさまざまな部署やビジネス インテリジェンス アプリケーションによってどのように使用されているか、どのようにデータが投入されているかを、より明確に把握することができます。 Informatica Data Warehouse Advisor、データベースアーカイブ技術、テストデータ管理技術を活用した Informatica のリーン データウェアハウス ソリューションは、次のことを実現します。

  • 運用データウェアハウスの使用を監視し、使用されていないレコードや休眠レコードを特定します
  • 処理に長時間かかるクエリやレポートを監視および特定し、データウェアハウスの設計とクエリのパフォーマンスを最適化します
  • 休眠データをアーカイブすることにより、データウェアハウス全体のコストを削減します
  • データセットを、データとしての機能を損なわずに縮小および完全にマスキングすることで、セキュアな開発、テスト、トレーニングを実現します

Lean Application Portfolio により、レガシーアプリケーションや冗長アプリケーションを廃棄

Informatica のアプリケーション ポートフォリオ ソリューションは、データがアーカイブされても、必要なデータに容易にアクセスできるため、元のアプリケーションを廃棄し、冗長なアプリケーションやレガシーアプリケーションに関連する間接費やコストを削減できます。 Informatica のデータベースアーカイブ技術を活用した Informatica のリーンアプリケーション ポートフォリオ ソリューションでは、次の操作を行うことができます。

  • 廃棄アプリケーションのデータを、高度に圧縮された、より最適でセキュアな形式でアーカイブします 
  • レポート作成や電子調査の際に、アーカイブデータへ容易にアクセス、検索することができます
  • 効果的なコンプライアンスのために、データの保管と破棄に関するポリシーを確立、自動化します