データ品質と統合に対するリーンなアプローチ

製造業では、人、プロセス、資材を同期させることで、労力やリソースの無駄を省いています。 Informatica のリーンインテグレーションソリューションは、Informatica プラットフォームを使用して、自動化と再利用により組織のプロセスを変換する最先端のテクノロジーを導入し、データの品質と統合に対してリーンなアプローチをとっています。 Informatica のリーンインテグレーション ソリューションは、インテグレーション コンピテンシー センター のモデルをベースに、コスト、スピード、品質面のパフォーマンスを最適化します。 リーンインテグレーションでは、次の目的からデータ管理にリーン管理の考え方を取り込んでいます

  • 無駄の排除:リーンインテグレーションによってプロジェクトのリードタイムを最大 90%短縮します。
  • 価値の上昇:統合プロジェクトチームの生産性を 50%向上します。
  • 継続的な大幅改善:リーンインテグレーションによってプロジェクト品質を改善します。

リーンインテグレーションで敏捷性の改善とデータ主導性を低コストで実現

Informatica のリーンインテグレーション ソリューションでは、コストを削減しながら、生産性を向上し、開発時間を短縮できます。データ品質とデータ統合を実装することで、生産性と精度を重視した厳格な工場レベルの効率性を実現します。 リーンインテグレーションの効果は、組織全体に波及します。

  • 業務部門のリーンインテグレーション:変化のない反復作業から開放されることで、革新性と敏捷性が促進します。
  • 情報システム部門の上層部のリーンインテグレーション:複雑性を解消し、可視性を高めることで、IT のガバナンスとコントロールを強化し、リスクを回避します。
  • IT 開発者およびマネージャのリーンインテグレーション:統合プロセスの自動化と再利用を標準化し、コストを削減し、生産性を高めます。

リーンインテグレーション:次世代のテクノロジープラットフォームで無駄を排除

Informatica のリーンインテグレーションソリューションは、テクノロジーとプロフェッショナルサービスの両方を組み合わせて提供することで、データ品質とデータ統合のリーンなアプローチで導入をスピード化し、早期に投資を回収します。 本ソリューションによって、次のようなメリットが得られます。

  • 高度な自動化: プロジェクトのセットアップ、コードテストおよび移行、データプロファイリング、要件定義、パターンベースのプログラミングを高度に自動化します。
  • テンプレート主導で、ビジネスルールや共通のプロセスをセルフサービスで作成します。
  • 設定変更、再利用が可能なオブジェクト、役割ベースのツール、メタデータベースのビジュアルコントロールで、スピードと効率を高めます。
  • 役割ベースのツール:品質を継続的に改善し、作業サイクルを短縮します。
  • Integration Factory Implementation Service:マネジメントのベストプラクティスと Informatica 独自の Lean Velocity 方法論によって、コストを削減し、生産性とプロジェクト品質を高めます。
  • Informatica PowerCenterの自動展開フレームワーク:開発、テストから、運用環境に至るまで、コードおよびマッピング移行を自動化して、実装を高速化します。