近年企業は、データ関連の多くの制限事項によって制約されてきました。利用可能な情報の種類は限られ、データストレージおよび処理能力にかかるコストは法外でした​​。また、情報を管理するために、言語面と技術面のアプローチが明確に定義されていました。

現在制約を加えるのは、想像力のみです。より多くのデータと、より多くの種類のデータを使用することにより、根本的に組織や世界を変えることができます。わずか5年前には不可能だった深いインパクトある革新をいくつか考えてみましょう。

  • 気象パターンに基づく交通手段のリアルタイムの再ルーティング
  • 投稿に基づく顧客の感情分析
  • ゲノムデータに基づく特定の病気の治療法
  • 被災者からの携帯機器およびソーシャルメッセージに基づく災害救援物資の割り当て
  • 自ら駆動する車

残念なことに、多くの企業はBig Data戦略へのアプローチを様子見しています。一方で競合他社は優位な立場にあります。一方で競合他社は優位な立場にあります。 

なぜ待つのでしょう?新しいBig Data技術がデータ格納および処理に関連する全体的なインフラコストを10倍削減することができたとしても、人件費は資本の節約をすぐに上回ってしまいます。専門的なBig Dataプログラミングのスキル不足により、プロジェクトにスタッフを割り当てることが不可能になります。熟練したデータサイエンティストとHadoop開発者が見つかったとしても、手動の技術を使う場合は、彼らの時間の80%はデータの準備に費やされ、実際に分析を行う時間が少なくなります。

InformaticaはBig Data技術の障壁を取り除くことにより、この方式を変えます。Informatica Vibe仮想データマシンは、データ準備プロセスを自動化し、コーディングすることなくHadoopのような新技術に展開できるよう、従来のデータ統合の開発者を支援します。既存のデータ統合チームの生産性は、ハンドコーディングしている専門のHadoopのプログラマに比べて5倍に向上します。InformaticaとVibeによって、Big Dataの潜在的可能性を迅速にを役立て、インサイトを革新的な製品とサービスに転換することができます。