Big Data周辺のすべての評判により、Hadoopのすべてのデータ関連の問題を解決できると容易に信じがちです。しかし、すべての誇大宣伝にもかかわらず、Hadoopは1つのデータサイロでしかなくなる可能性があります。数年後にはHadoopが時代遅れになることも考えられます。

Hadoopは強力な技術ですが、Big Data技術時代のほんの一要素にすぎません。Hadoopは特定のデータ型とワークロードのために設計されています。たとえば、構造化および非構造化の生データを大量にステージングするには非常に費用対効果の高い技術であり、後で絞り込んで分析の準備をすることができます。Hadoopはまた、生データ、未使用のデータ、および抽出/ロード/変換処理のために容量が極めて速く消費される環境では、既存の独自のデータベースとデータウェアハウスアプライアンスの高価なアップグレードを回避するのに役立ちます。 

ただし、Hadoopがデータ管理インフラストラクチャの残りの部分と統合されていない場合は、すぐに企業のIT環境の複雑さ助長するデータの孤島群になってしまいます。この統合の1つの側面は、他のデータ処理および分析システムとHadoopへ橋渡しの能力です。たとえば、大量の生データの前処理がHadoopで発生すると、費用対効果が高いことがあります。しかしその後、生成されたデータはHadoop外の別のシステムに流出することがあり、それがビジネスで必要な特定の分析タイプにより適している場合もあります。

統合の第2の側面はスキル統合であり、これが更に重要な点です。これは更に難しいことでもあります。最も初期のHadoop展開では、高コストと下流メンテナンスの問題にもかかわらず、組織はデータ処理を時間のかかるハンドコーディングに頼っていました。既存のスキルセットを活用できるHadoopのようなツールがなかったためです。代わりに、Hadoopのプロジェクトでは、MapReduce、Hive、Pigなどの言語によるプログラミングの専門スキルを必要としました。

Informaticaは、Hadoopと非Hadoopの両方を含むすべてのシステムやプラットフォームにまたがって、データ処理を最適化します。これは、Informatica Vibe仮想データマシン(VDM)上に構築されたコードなしの開発環境で実現可能です。Vibeを使用すると、データ統合開発者がデータ統合のマッピングを一度グラフィカルに設計すると、それらのマッピングをどこにでも展開できるようになります。これは仮想でも非仮想でも、従来のデータ移動でもHadoopででも可能です。Vibeでは、Hadoopでのプログラミングを学習しなくても、開発者は生産性を5倍以上向上させることができます。Vibeによって、すべてのInformaticaの開発者が、Hadoopの開発者になりました。

Vibeはもう1つの重要な長期にわたる利点を提供します。Big Dataのエコシステムは、新しい流通、新しい言語、そしてほぼ毎週発表される最新技術により、急速に進化しています。技術が数ヶ月で実現するか、はるかに少ない数年で実現するかを予測する方法はありません。"Map Once.Deploy Anywhere"(一度のマッピング定義でどこでも適用可能)の機能により、Vibeは、Hadoopと他のBig Data技術の基盤となる定常的な変化からあなたを切り離します。Vibeは、新しい技術の展開を選択するたびに再コーディングすることなく、ロジックを再利用することを可能にします。

Informatica PowerCenter Big Data EditionはInformatica Vibeで提供されており、正常なビルドとHadoop上のデータ統合の展開のために必要なすべての機能を備えています。今すぐに。また、Vibeでは、将来Big Dataがもたらす可能性がある影響に備えることができます。