c01-about-us

企業情報

インフォマティカは、あらゆるモノを動かすデータの未来を変革するイノベーションの実現に取り組む先進的な独立系ソフトウェアプロバイダーです。

インフォマティカ (日本)

インフォマティカはデータ統合ソフトウェアを提供する世界第 1 位のプロバイダーです。世界中の企業が、インフォマティカのソリューションを使って情報の持つ価値を引き出し、最重要課題を解決し、各種デバイスから生み出されるモバイルデータや、ソーシャルデータ、ビッグデータといった情報資産を、オンプレミス、クラウドあるいはソーシャルネットワーク上で最大限に活用しています。

 

お問い合わせ/所在地

 

インフォマティカ・ジャパン株式会社

 東京本社

〒105-6226
東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー26階
電話:03-6403-7600(代表)
FAX:03-3433-1021
【アクセス】
日比谷線「神谷町駅」3番出口徒歩4分
都営三田線「御成門駅」A5番出口徒歩3分



西日本支社

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
電話:06-6133-5873
FAX:06-6133-5876


オンラインお問い合わせフォームはこちら http://now.informatica.com/jp-contact-us.html

お客様

世界中のお客様が、グレートデータ(高品質なビッグデータ)から価値のあるビジネスインサイトを引き出し、ワークスタイルを変革しています。

Tokyo stock Exchange

株式会社東京証券取引所(以下、東証)は、部門ごとに業務が必要とするシステムを部分最適で構築してきました。このため、市場環境の変化に追従するためのシステム改変には莫大なコストや時間がかかるという課題を抱えていたのです。

滋賀銀行

世界中の情報に指先ひとつでアクセスできるスマートフォンや日常生活を記録してくれるフィットネスバンドなど、情報テクノロジーは私達の生活のあらゆる面を自動化、スピード化しています。

KYOWA KIRIN

協和発酵工業株式会社とキリンファーマ株式会社との経営統合によって2008年10月に誕生した協和発酵キリン株式会社。同社は、自社で扱うトランザクションデータの構造を一義的に定義し、データのつながりを一元化するトランザクションHubの構築にあたり、データ統合プラットフォーム「Informatica PowerCenterⓇ」を採用しました。

パートナー

c02-certification

インフォマティカは、世界中で400社以上のパートナー企業と堅牢なエコシステムを形成し協業しています。先進的なシステムインテグレーターやリセラー、ISVパートナーと共に、お客様が統合された信頼できる情報資産にアクセスできるように支援し、その投資価値を最大化します。私たちは、高度な業界知識、幅広いシステム統合やサービス経験、特化型ソリューション、実績の高い製品機能を提供します。

国内パートナーはこちら

インフォマティカのブログ

ビジネスにおける重要性が高まり続けるデータについての示唆に富んだ分析やコメントを掲載しています。是非ご覧ください。

c02-aboutus-blog

セミナー/イベント

国内で開催中のセミナー、イベントをご紹介しています。皆様のご参加お待ちしております。

オンラインセミナー

データ関連の最新トピックやユースケースなどについて、インフォマティカやパートナー、顧客、専門家が語るオンラインセミナーを録音再生でご覧ください。(現在英語でのみ配信中)

ニュース

インフォマティカのプレスリリース、メディア掲載記事、アナリストレポートを公開しています。

rm01-in-the-news.jpg
メディア掲載記事

メディアで取り上げられたインフォマティカに関する記事や投稿をご紹介しています。

rm01-press-releases.jpg
プレスリリース

インフォマティカ発信のニュースをご覧ください。

rm01-analyst-generic.jpg
アナリストレポート

インフォマティカに関連する業界アナリストのレポートをご覧になれます。

採用情報

インフォマティカで自分の可能性を見つける

c02-careers

インフォマティカ・ジャパンの採用情報については、メールにてお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

インフォマティカ

インフォマティカは、あらゆるモノを動かすデータの未来を変革するイノベーションに取り組む先進的な独立系ソフトウェアプロバイダーです。世界中の組織が、情報資産の価値を最大限に引き出し、ビジネスの最重要課題を満たせるソリューションとしてインフォマティカに信頼を寄せています。あらゆる組織がインフォマティカを利用して、既存の情報資産を最大限に活用することに成功しています。