c07-data-integration

事例:株式会社菱化システム(新社名:三菱ケミカルシステム株式会社)

Informatica Data Integration Hubを日本初導入、複雑化したデータ連携を劇的にシンプル化

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

株式会社菱化システムは、化成品・樹脂・繊維・医薬品のメーカーを中心に500社強が名を連ねる三菱ケミカルホールディングスグループの一員で、グループ唯一のIT企業としてグループ各社が利用する情報システムの開発から保守までを一手に担っています。

同社が抱えてきた問題の一つが、グループ内のアプリケーションを相互に結ぶデータ連携インターフェイスが増大と複雑化・煩雑化の一途をたどってきたことでした。

インフォマティカのデータ統合ハブ「Informatica Data Integration Hub」を使って、疎結合方式でデータ連携を実現した事例をご紹介します。