c07-banking-and-capital-markets-v2

金融犯罪の防止

不正行為の防止、企業評価に関するリスクの緩和、顧客管理措置の強化、OFAC/AMLへのコンプライアンスを実現

サイバー犯罪者は常にシステムやセキュリティの脆弱性を悪用する新たな方法を探しており、金融犯罪は金融サービス機関やその株主の利益に打撃を与えています。クレジットカードの不正利用、不正な金融取引、マネーロンダリングなどの不正行為を防止するためには、システムやアプリケーションで正確かつタイムリーに、包括的なデータにアクセスできなければなりません。

そのため、銀行や資本市場の企業は不正検出/AML(マネーロンダリング防止)のための新しいアプリケーションに投資して、対策を講じています。しかし、残念ながらこれらのシステムでは企業が期待する成果を得られないことも珍しくありません。なぜなら、データ品質の問題を十分に把握して変換、特定、修正するための適切なデータ統合/データ品質テクノロジーとプロセスがなく、これがデータに関する問題につながっているためです。さらに、既存の不正検出/AMLソリューションには、疑わしい活動を正確に認識して特定するための、正確で優れたID照合機能やトランザクション監視機能がありません。

インフォマティカのソリューション

インフォマティカは、既存の不正検出/AMLアプリケーションの有効性を強化するソリューションを提供しています。このソリューションにより、金融犯罪を防止して、業界規制を遵守できます。インフォマティカのソリューションにより、金融機関は以下のことを実現できます。

  • そのため、銀行や資本市場の企業は不正検出/AML(マネーロンダリング防止)のための新しいアプリケーションに投資して、対策を講じています。しかし、残念ながらこれらのシステムでは企業が期待する成果を得られないことも珍しくありません。なぜなら、データ品質の問題を十分に把握して変換、特定、修正するための適切なデータ統合/データ品質テクノロジーとプロセスがなく、これがデータに関する問題につながっているためです。さらに、既存の不正検出/AMLソリューションには、疑わしい活動を正確に認識して特定するための、正確で優れたID照合機能やトランザクション監視機能がありません。
  • データの品質を特定および改善して、不正行為の誤検出や見逃し件数を減少
  • データタイプ、言語、システムに関係なく、固有のエンティティを特定および照合することで、既存のウォッチリスト検証プロセスを強化
  • 包括性、一貫性、関連性を備えた顧客ビューをアカウント、世帯、他の顧客、従業員、関連会社に提供して、既存の顧客管理措置(KYC)プロセスを強化

 

 

成功事例

cc01-western-union.jpg
Western Union

Western Union built a data platform based on Hadoop and Informatica Big Data Edition

cc01-bbva-compass.jpg
BBVA Compass

BBVA Compass sources new data 50% more quickly

関連資料

関連資料

関連製品とソリューション

インテリジェントなデータ統合

信頼できる重要データにアクセスし、統合・配信することで、企業全体を通じて優れたアナリティクスとビジネスプロセスを効率的に実現

インテリジェントなデータ品質

データの規模や形式、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、常に高品質かつ安全で密接に連携されたデータを提供。

Identity Resolution (IDデータ検証/照合)

多言語対応の高精度なIDデータで、業務効率と法規制へのコンプライアンスを向上

Intelligent Data Lake

一元管理されたデータソースを活用して、アナリティクスの革新と業務上の意思決定を促進

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。