c01-banking-and-capital-markets-v2

リスクとコンプライアンス

信頼できるデータを集計、管理、提供することでDodd Frank、CCAR、MiFID II、BCBS 239などへのコンプライアンスを確立

銀行や資本市場に対する規制当局の監視はかつてないほど厳格になっています。このため、銀行や資本市場はリスクを正確に測定して、適切な資本配分を通じてあらゆるタイプのリスクから発生し得る損失を相殺すると同時に、透明性を高めなければなりません。

MiFID IIやBCBS 239などへのコンプライアンスを確立するためには、適切なデータが欠かせません。しかし、多くの企業では長年にわたる業界統合やITの複雑化、手作業によるプロセス、不適切なデータ管理の結果、不完全なデータや古いデータ、無効なデータ、不正確なデータが社内のあらゆる場所に広がっているのが現状です。金融機関は、高品質のデータに基づいて意思決定を行えなければ、リスクや資本配分の計算を誤るリスクが高まり、法規制へのコンプライアンスを確保できず、透明性が損なわれます。

インフォマティカのソリューション

インフォマティカは、包括的で拡張性に優れた実証済みの統合プラットフォームを提供しています。このプラットフォームにより、グローバルな銀行業界において、データを統合、管理、活用して、継続的なリスク管理とコンプライアンスを強化することが可能になります。インフォマティカのソリューションにより、金融機関は以下のことを実現できます。

  • 複雑なデータ統合、データ変換、生データを価値あるインサイトに標準化するプロセスを自動化および拡張して、アクセスを提供
  • あらかじめ組み込まれたデータガバナンス機能により、Hadoopのスケール性を活用することで、リスク管理や法定レポートの作成に使用するデータについて、一元化したエンタープライズ情報カタログを作成
  • 統合されたデータプロファイリング、品質ルール管理、ダッシュボード、自動ワークフロー管理により、データに対する信頼性を向上
  • 全社レベルで法人マスターデータの単一ソースを作成して、カウンターパーティ リスク エクスポージャの可視性を向上
  • データスチュワード(データ管理/案内人)による全社レベルのビジネスグロッサリの管理とパブリッシュ
  • データ処理に関するエンドツーエンドのデータリネージとインサイトを提供することで、法規制への監査要件に対応

関連製品とソリューション

インテリジェントなデータ統合

信頼できる重要データにアクセスし、統合・配信することで、企業全体を通じて優れたアナリティクスとビジネスプロセスを効率的に実現

インテリジェントなデータ品質

データの規模や形式、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、常に高品質かつ安全で密接に連携されたデータを提供。

インテリジェントなマスターデータ管理

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

Intelligent Data Lake

一元管理されたデータソースを活用して、アナリティクスの革新と業務上の意思決定を促進

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。