c07-insurance-v2

レガシー保険システムの最新化

レガシーシステムの最新化に伴うコスト削減とリスク軽減を実現

競争の激化や業務の生産性向上などのニーズを背景に、保険企業はコストを削減しながら、保険契約者やブローカーへのサービスを高めるという大きなプレッシャーの下にあります。このため、引受業務や契約書管理、請求処理など保険業務の中核を成すレガシーアプリケーションを最新化する必要が生じています。

しかし、これらのシステムの入れ替えは大規模な作業となるため、リスクと多額のコストが発生する恐れがあります。保険アプリケーションの最新化には、プロジェクトをスケジュール通りに予算内で完了するだけでなく、業務要件を満たすための熟練したスタッフ、実証済みのプロセス、最先端のテクノロジーが必要になります。

インフォマティカのIntelligent Data Platform(IDP)は、新規および既存のレガシー最新化プロジェクトをサポートする次のような機能を提供します。

  • 拡張可能でセキュアなテストデータ管理機能:ソースシステムからデータのサブセットを効率的に取得し、テスト時や開発時のセキュリティ侵害から機密情報を保護します。
  • エンタープライズクラスのデータ統合:あらゆるプラットフォーム、データベース、構造、形式からデータにアクセスし、レガシーシステムと新しいシステムの間で適切かつタイムリーに、また正確にデータを移行し、同期化します。
  • データ品質管理とガバナンス:データの品質に関する問題点のプロファイリング、検出、クレンジング、レポート、モニタリング、修正を行い、データが新しい保険システム/アプリケーションでの使用に適していることを確認します。
  • データの妥当性チェック:レガシーシステムから新しい引受システム、保険金請求システム、支払請求システム、保険契約書管理システムに移行したデータが有効であり、業務要件に基づいていることを確認します。
  • データのアーカイブ:継続的なコンプライアンスのためにレガシーデータを保持し、保険アプリケーションとシステムのタイムリーなリタイアメントを実行します。

関連製品とソリューション

テストデータ管理

開発のニーズに応じて非運用データセットを安全に自動プロビジョニング

インテリジェントなデータ統合

信頼できる重要データにアクセスし、統合・配信することで、企業全体を通じて優れたアナリティクスとビジネスプロセスを効率的に実現

インテリジェントなデータ品質

データの規模や形式、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、常に高品質かつ安全で密接に連携されたデータを提供。

Data Integration Hub

革新的なパブリッシュ/サブスクライブ型のモデルを適用し、高度なポイントツーポイント統合を実現。

Data Archive

レガシーアプリケーションをリタイアメントし、運用環境にあるデータの増加をコントロールすることで、アプリケーションのパフォーマンスを改善しつつコンプライアンスを順守できる構造化データのアーカイブソリューションです。

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。