c01-hybrid-cloud

クラウドへの移行

なぜクラウドがデータ管理者に重要なチャンスをもたらすのか

お好みのアプローチでクラウドを実現

クラウドへの移行において、クラウドを最優先したクラウド第一のアプローチまたはオンプレミスとクラウド両方のソースに基づくハイブリッドなアプローチのどちらを採用しても、大きな違いはありません。大切なことは、クラウド環境とオンプレミス環境のシステムでやり取りするデータが信頼でき、シームレスに接続され、セキュアに管理されていることです。本ページでは、アナリストによる限定コンテンツやデモ動画を含め、お客様がクラウドへの移行をスムーズに始めてプロジェクトを軌道に乗せる上で役立つ幅広い資料・情報を紹介します。

限定コンテンツ

rm01-tdwi-cdw-checklist-3609-700x394

アナリストレポート

TDWIチェックリスト: クラウドデータウェアハウスのモダナイゼーション(最新化)を成功させる方法

rm01-gartner-webinar

アナリストレポート

ガートナー社の2020年エンタープライズiPaaSのマジック・クアドラント

rm01-ipaas-reimagine-3403

電子ブック

Modernizing Data Management with Next-Gen iPaaS(次世代iPaaSを活用したデータ管理の最新化)

クラウド使用事例

クラウドへの移行を進めるには、まず最適な使用事例を特定し、貴社のデータ主導型デジタルトランスフォーメーションの目標達成を支援するために迅速に拡張する方法を探索しましょう。

ビジネスインサイトの促進

拡張性と柔軟性に優れたクラウドデータウェアハウスを迅速に稼働させ、信頼できるインサイトを提供し、ビジネスを推進。

クラウドアプリケーションの統合

クラウドとオンプレミスのエンタープライズアプリケーションをリアルタイムに接続し、ビジネスプロセスとワークフローを管理、自動化、監視。

データの管理を簡素化

クラウド、オンプレミスの各環境で連携の取れた体験を実現して、データを管理。

パブリッククラウドソリューション

インフォマティカのソリューションは、パブリッククラウドの経済性や拡張性、俊敏性などのメリットを最大限に引き出します。

Microsoft Azure

社内のあらゆるソースの信頼できるデータを関連付けてAzureの機能を拡張します。

Amazon Redshift

関連付けられた信頼できる有意義なデータをあらゆるソースから提供して、Amazon Redshiftのメリットを最大限に活用します。

Google Cloud Platform

あらゆるソースにある、関連付けられた信頼できるデータを提供、管理、同期し、ビジネス変革を推進します。 

各種お問い合わせ

無料体験版

インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションをぜひ体験してみてください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えを見つけましょう。