テストデータ管理ソリューションでアプリケーション開発とテストのコストを最小化

Informatica のテストデータ管理ソリューションは、データベースアプリケーションのテストデータのサブセットを、機能を損なわずにセキュアな状態で作成します。データベースアプリケーションは、開発やテスト、トレーニングのために運用環境の複数のコピーを用意していることがよくあります。 しかし、運用環境のデータベースが大きくなれば、コピーも同様に大きくなり、高価なストレージ容量やシステムリソースを消費し、データ漏えいによる罰金を課されることになりかねません。 Informatica のテストデータ管理ソリューションは、次のような状況を回避できます。

  • 過度のデータ管理コスト
  • プライバシーに関する規制への非効果的なコンプライアンス
  • データ漏えいによる企業の評判、顧客、収益の損失

テストデータ管理機能によるコストとリスクの削減

フルセットの運用データを利用する代わりに、Informatica テストデータ管理ソリューションを使用すれば、次のことが可能になります。

  • 開発サイクルを短縮:縮小したテストデータセットを使用して、テストデータを管理することにで、開発サイクルを短縮します。
  • IT コストの削減:テストデータ管理によって、テストデータセットのサイズが縮小され、必要なストレージとシステムリソースを削減し、IT コストを削減することができます。
  • コンプライアンスをサポート:データプライバシーを確保し、テストデータ管理に必要な品質条件を満たす、マスキングされたデータを使用することで、コンプライアンスをサポートします。
  • 開発時間を短縮:テストデータ管理であらかじめパッケージまたはカスタマイズされたサブセットとマスキングポリシーを使用することで、開発時間を短縮することができます。これにより、セキュアなデータセットをすばやく作成し、参照の整合性も維持されます。

テストデータ管理による品質とセキュリティの強化

Informatica のテストデータ管理ソリューションは、セキュアなテストデータ管理サブセットを作成し、コスト、リスク、および開発時間を最小限に抑えます。 Informatica テストデータ管理ソリューションのテストデータ管理サブセットとマスキング動作を自動化すれば、情報システム部門は他の開発活動にシフトすることができます。 テストデータ管理で、テストおよび開発環境の規模が縮小するため、回収したストレージ容量をその他の用途に振り向けることができます。

テストデータ管理による生産性と柔軟性の向上

Informatica テストデータ管理ソリューションでは、運用環境からデータを何回もコピーしてセキュアで最新の予備環境を構築し、テストデータの管理に使用することができます。 テストデータ管理用のサブセットポリシーには、データの年数、部門または国、データ範囲または値などの、ルールの任意の組み合わせを含めることができます。 さらに、Oracle アプリケーションや SAP などのアプリケーション向けにあらかじめパッケージされたテストデータ管理ポリシーが用意されており、開発/テストをさらに合理化することができます。

Informatica のテストデータ管理製品

Data Subset

データサブセットを作成して非運用データベースシステムの管理能力を高める。

詳しくはこちら

Data Masking

運用環境と非運用環境にある機密性の高い非運用データを保護します。

詳しくはこちら
Announcing Informatica 9.5
Maximize Your Return on Big Data
Learn more
Informatica 9.5