Informatica 9.5

ビッグデータから最大限の利益を獲得

ビッグデータは次世代のリーダーが取り組む遠い未来の話ではありません。また、一時的な流行でもありません。ビッグデータはすでに現実に到来しており、課題を投げかけつつも、データを活用することでビジネス上の優位性を得るチャンスももたらしてくれます。

Informatica プラットフォームの最新版である Informatica 9.5 は、データ量、多様性、速度の大幅な増加に対応するように設計されています。いくつもの新機能と機能性を備えた Informatica 9.5 を使えば、大容量のトランザクションデータ、ソーシャルメディア コンテンツ、センサー、デバイス情報、Web クリックストリーム、Hadoop/MapReduce フレームワークで処理されたデータなどをビッグデータの全形式で活用することができます。

さらに Informatica 9.5 の技術革新は、企業のアプリケーション、データウェアハウス、そしてクラウド環境で従来のデータにも適用することができます。それだけでなく、従来のデータとビッグデータの間にあるギャップを埋める重要な役割を果たしています。Informatica 9.5 は、企業がビッグデータの利益率を最大化できるように特化されており、次の目標を実現するように設計されています。

  • データのビジネス価値を高める
  • データコストを削減する
  • ビッグデータの期待を実現する

 

データのビジネス価値を高める

Informatica 9.5 は、リアルタイムなデータ ストリーミング、対応型監視機能、パーベイシブなデータプライバシー、データガバナンスなどをサポートする技術を備え、データのビジネス価値を強化します。たとえば、ソーシャルマスターデータ管理 (MDM) のデータスケジュールを使用することで、顧客の全体像を把握できる完全な 4D ビューを作成し、顧客の獲得・維持状況を改善することができます。Informatica 9.5 はより優れた即時性、対応可能性、アクセスの容易性、関連性、総体性、安全性、信頼性、精度を提供する理想的なデータを実現します。

データコストを削減する

Informatica 9.5 は、さまざまな方法でデータコストを削減し、事業費、人件費、ソフトウェア費用、ハードウェア費用、ストレージ費用をカットします。たとえばデータ検証は、粗悪なデータを削除してビジネス上の判断の誤りを回避します。スマートパーティションは包括的な情報ライフサイクルの管理ソリューションの一部として、ストレージ、インフラストラクチャ、維持費を削減します。

ビッグデータの期待を実現する

統合されたプラットフォームとして、Informatica 9.5 は組織がビッグデータに対応するだけでなく、賢く迅速なビジネスへの期待を実現する上でも役立ちます。ネイティブ Hadoop をサポートしていることで、開発者は、Hadoop に最適なデータ解析、プロファイリング、照合、クレンジング、ID データの解決を目的とした、変換機能をすぐに活用することができます。視覚的な開発環境が揃っているため、 Hadoop の実装専門家でないユーザーも、現在持っているスキルと資産を使って Hadoop の力を簡単に活用することができます。

ビッグデータの課題を克服する

ビッグデータは止めることのできない力で押し寄せており、既存のプロセスとインフラストラクチャを新しい現実に整合しながら、IT に対する画期的なアプローチを登用する牽引力となっています。ビッグデータのビジネス価値を活用するには、包括的で統一されたオープンなデータ統合プラットフォームが必要です。ビッグデータのROIを最大化するための正しいプロセスと技術の基礎を導入、構築することで、大きな競争優位を確立することができます。お客様の組織でどのようにビッグデータの課題を克服することができるのかについては、Informatica 9.5 の詳細をご覧ください