c07-insurance-v2

保険契約者の拡大と収入の増大を実現

正確な最新データを全社規模で活用して保険契約者を獲得、拡大、維持することで、保険料収入の増大を実現

適切な新規顧客を獲得すると同時に、収益性の高い保険契約者を特定し、それらの保険契約者を維持、拡大するための戦略を構築することは、保険業界のあらゆる企業にとって重要です。オムニチャネル環境におけるマーケティング活動では、カスタマージャーニーを理解して、顧客や見込み客に適切なアクション(次善のアクション)を実施したり、適切な提案(次善の提案)をしたりすることが重要です。そのためには、アップセル/クロスセルを行う既存の保険契約者または新規獲得を目指す見込み客の連絡先、ビジネス上の関係、個人的関係、やり取りについて信頼できる質の高い情報が必要です。

保険業界の多く企業では、顧客獲得マーケティングや顧客オンボーディング、アップセル/クロスセル機会を拡大するための新商品プロモーションに必要なデータが不正確であったり、古かったり、または営業/マーケティングのアナリティクスやプロセスで必要なときに利用できなかったりすることが珍しくありません。このようなデータを使用して顧客獲得キャンペーンを実施しても、成功の確率は低いでしょう。

インフォマティカのIntelligent Data Platform(IDP)を使用すれば、顧客オンボーディングプロセスの簡素化と改善、分断化された従来の業務全体における既存保険契約者との関係の把握、顧客獲得の強化、アップセル/クロスセルのマーケティング応答率の改善、営業/マーケティングコストの削減を実現できます。インフォマティカのソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • 住所、電子メール、電話番号のエラーを排除して、電子的/物理的キャンペーンの成果や顧客コミュニケーションのパフォーマンスを改善
  • 既存の営業、マーケティング、アナリティクスアプリケーションにおけるデータ品質エラーを迅速に特定および修正することで、営業/マーケティングの営業コストを削減
  • 保険請求に関するカスタマーエクスペリエンスを改善すると同時に、すべてのシステムで正確な保険契約者情報と保険契約管理情報を使用して、保険請求の対応コストを削減
  • 分断化された従来の業務環境に顧客、見込み客、保険契約者の統合ビューを提供することでアップセル、クロスセル、顧客中心イニシアチブを強化して、営業の生産性とマーケティングの有効性を改善

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。