c07-retail-v2

小売業向けサプライヤのイネーブルメントとサプライヤのオンボーディング

小売業の小規模サプライヤのオンボーディング、サプライヤのイネーブルメント、データ交換を迅速に行いながら、短時間で価値を発揮しコスト削減を実現

サプライチェーンを常にコントロールするには、小売業者は全てのサプライヤと容易にコミュニケーションを図り、コラボレーションできる必要があります。しかし、多くの企業が小規模なサプライヤの業務遂行を支援するために、多大な時間とコストをかけてこれらのサプライヤからのデータを手作業で処理しています。その原因は、最大で 80% もの小規模なサプライヤが、従来の B2B 形式によるデータ交換をサポートしていないところにあります。

そのため、多くの小売業者がコストをかけて手作業でこれらのデータを処理していますが、このようにその場しのぎ的な作業は手間とコストがかかるだけでなく、情報提供の遅れにもつながります。しかも、その情報は不完全でエラーの多いものとなり、小売業者は重要な意思決定を下す前に、こうした問題のある情報を検証し、修正しなければなりません。

小売業者には、小規模サプライヤのオンボーディングとデータ交換を実現するために、これらのサプライヤと簡単手軽に連携し、コラボレーションできる方法が必要です。

小売業向け小規模サプライヤ イネーブルメント ソリューション

インフォマティカのソリューションがあれば、小規模サプライヤのデータを手作業で処理する時間とコストを削減できます。従来の B2B 形式に対応できない小規模サプライヤの 80% と連携しながら、統合に要する時間を短縮し、コストを削減できます。インフォマティカのソリューションによって、次のことが可能になります。

  • サプライヤとのコラボレーションに伴う手作業でのデータ処理の排除
  • サプライヤ オンボーディングの高速化とデータ交換の自動化
  • 自動のデータ検証とエラーレポートによる質の高いデータ交換
  • 小規模サプライヤとのコラボレーションの向上
  • サプライヤの業務への影響を最小限に抑えながら表に出てこないコストを回避
  • 迅速なオンボーディングとサプライヤ/ベンダー製品カタログの更新により短期間で価値を創出

小規模サプライヤのイネーブルメント機能

他のソリューションとは異なり、インフォマティカのソリューションでは小売業者が小規模サプライヤのオンボーディングを実現しながら、あらゆるタイプのデータ交換を自動化できます。

このソリューションの機能は、次の通りです。

  • 小規模サプライヤが変換の手間なしにファイルを統合できるように、Microsoft Word、Excel、PowerPoint 文書などの非構造化データの解析をサポート
  • 新規プロジェクトの期間を短縮し、サプライヤ イネーブルメントをサポートする小売業向け EDI ライブラリ (VICS、UCS、X12 など)
  • Informatica PowerCenter ワークフローを活用し最大限の再利用を可能にする、各国のニーズに特化した幅広いパラメーター
  • 標準ベースの Excel テンプレートを構築し、データ交換を標準化するシングル マッピング
  • 質の低いデータが請求システムへ移動する前にエラーにフラグ付けするスキーマ検証機能
  • データのエラーを特定し、解決するための、全てのデータ交換を対象としたエンドツーエンドのアクティビティ モニタリング
  • 監査証跡とパートナーダッシュボードによる効果的なパフォーマンス モニタリングで企業をサポート

関連製品とソリューション

Product 360(PIM)

さまざまなチャネルを介して販売される商品の情報を一元管理する商品情報管理アプリケーション

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。